流通 総合コンサルティング フロントオフィスとは、「現場事務所」の意味です。 お客様の動きがわかる現場で、 商品・人・売場・販促・システムの諸問題を 実務レベルで解決していき 企業風土・企業ノウハウとして定着させます。

2017年1月15日

「2017年 トレンド予測」
「グロサリー部門 『おいしさ』が基本」

月刊「食品商業」平成29年2月号に執筆

1、おひとりさま
 老若男女のおひとりさま向けに
 カテゴリー横断で売場集積

2、お手軽時短
 お手軽時短アイテムでも「本格派」を訴求。
 「手軽においしい」が伸びる

3、健康
 ますます進む健康志向、
 国産紅茶や無糖飲料の市場拡大に先手をうつ

2017年1月15日

新年特別企画
ブランド商品徹底研究
4つの志向で分析する
次世代ニーズを吸収する『新・定番商品』

月刊「食品商業」平成29年2月号に執筆

1、消費トレンド解説
 図表「食品を選択する際に重視する点」
 男性:おいしさ、好み、価格
 女性:おいしさ、鮮度、価格、安全性、好み、季節感、栄養価
 次世代の若年層の「好み」の傾向は
  ①健康志向
  ②簡便志向
  ③個食志向
  ④コト志向

2、今後、新定番となる商品予測
 ①健康志向
  ・加える:カルシウムや鉄分など
  ・減らす:塩分、糖分、カロリーなど
  ・ゼロ化:アレルギー物質なし、添加物なしなど
  ・ナチュラル系:チアシードなどのスーパーフード
  ・機能性表示食品:高リコピントマトジュースなど
  ・健康食品:コラーゲン、DHA・EPAなどを含む食品など

 ②簡便志向
  ・例えば、チューブ入り調味料、フリーズドライ味噌汁シリーズ、
  ・作る側、食べる側ともにマンネリにならないように継続的にレシピ提案

 ③個食志向
  ・カップ麺など「食べきり」商品群の展開
  ・おひとりさま対応の調味料など「使い切り」商品群の展開

 ④コト志向
 次世代の若年層が話題にして「いいね」と発信したくなる商品群の展開
  ・おいしいこと
  ・楽しいこと
  ・健康にいいこと
  ・うれしいこと
  ・新しいこと
  ・今まで知らなかったこと

 ⑤ポイント
  ・商品特徴の「殺し文句」が明確で「特徴」が訴求できること
  ・若年層のお客がSNSで自慢げに発信したくなる商品であること

3、2016年のPOSデータから探る「定番・新定番商品」
 ①インスタント味噌汁・吸い物
  時流に乗って確実に伸びている傾向(永谷園の事例)
 ②冷凍麺(マルハニチロの事例) 
  幅広くニーズに対応することがポイント
 ③冷凍米飯加工品
  世帯、消費者属性の変化により主食としてのニーズが高まる
 ④オリーブ油
  トップ2社が拮抗(日清オイリオグループとJ-オイルミルズ)
 ⑤チーズ
  ナチュラル、プロセスチーズともに需要の高まり(森永乳業の事例)
 ⑥日本茶・麦茶ドリンク
  若年層、女性に受け入れられる新商品がカギを握る(伊藤園の事例)
 ⑦スナック
  市場は縮小傾向もポテトチップスに注目
 ⑧チョコレート
  健康志向な消費者による常食化でますます好調

2017年1月15日

「2017年3月 このまま使える販促企画書」

月刊「食品商業」平成29年2月号に執筆 

1、暦・行事

2、ライフスタイル

3、記念日・重点メニュー・販促のポイント
 ①3月1日:防災用品点検の日
 ②3月9日:雑穀の日
 ③3月15日:オリーブの日
 ④3月22日:社日

4、チラシテーマ

5、売上高の消化目標

6、3月の注意点(売場管理、商品管理、売場演出、従業員管理)

2017年1月15日

「2017年3月 家計から見る売れ筋トレンド」

月刊「食品商業」平成29年2月号に執筆

1、2016年3月の食料支出の概要

2、2017年3月の販促のポイント

3、今月の重点アイテムと販促のポイント
 ①キャベツ
 ②グレープフルーツ
 ③イカ
 ④ハム
 ⑤調理パン
 ⑥魚介のつくだ煮
 ⑦アイスクリーム・シャーベット
 ⑧スパゲテイ
 ⑨果物加工品
 ⑩ビスケット
 ⑪ワイン
 ⑫ペットフード
 ⑬切り花

2017年1月15日

「2017年3月度の販売企画書」について

月刊「食品商業」平成29年2月号に執筆

グロサリー部門
1、販売テーマと重点訴求商品
 ①    春のホームパーテイにちらし寿司!!
 ②    食物繊維たっぷり1 野菜メニューフェア
 ③    新入学、新社会人の門出! 自炊応援フェア
 ④    春休み! 手づくりおやつに挑戦!

2、図表 3月の消費動向(前年対比、前月対比)
 48カテゴリーのうち今月の重要カテゴリー

菓子部門
1、販売テーマと重点訴求商品
 ①スナアク派? チョコ派? 人気菓子祭り!
 ②裏技! 時短メニューに菓子が一役!
 ③お彼岸 伝統的なお茶請け菓子!
 ④春休み ヨーグルトでしっかり朝食!!

2016年12月19日

新年特別企画「未来の売場も支える『定番商品』」
「維持対策でさらなる活性化を狙え」

月刊「食品商業」平成29年1月号に執筆
1、売場を支え続ける定番商品の現状
 ①高い死筋率
 ②「せんみつ」
 ③絶対定番

2、若年層をどう獲得するか、定番ブランド維持対策
 ①パン
 ②ヨーグルト
 ③冷凍調理食品
 ④カップ麺
 ⑤つゆ・たれ
 ⑥乾燥スープ
 ⑦果実・野菜ジュース

3、カテゴリー別PI値ベスト20
 ①図表①チルド商品:トップはヨーグルト 約249
 ②図表②ドライグロサリー商品:トップはカップ麺 約130

2016年12月19日

2017年2月 このまま使える販促企画書

月刊「食品商業」平成29年1月号に執筆

1、暦・行事

2、ライフスタイル

3、記念日・重点メニュー・販促のポイント
 ①2月1日:メンマの日
 ②2月10日:ふきのとうの日
 ③2月18日:雨水(うすい)
 ④2月28日:ビスケットの日

4、チラシテーマ

5、売上高の消化目標

6、2月の注意点(オペレーション管理、従業員管理、サービスレベル、在庫管理、)

2016年12月19日

2017年2月 家計から見る売れ筋トレンド

月刊「食品商業」平成29年1月号に執筆

1、2016年2月の食料支出の概要

2、2017年2月の販促のポイント

3、今月の重点アイテムと販促のポイント
 ①ホウレンソウ
 ②リンゴ
 ③カレイ
 ④ソーセージ
 ⑤カツレツ
 ⑥納豆
 ⑦ケーキ
 ⑧わかめ
 ⑨他の茶葉
 ⑩チョコレート
 ⑪発泡酒・ビール風アルコール飲料
 ⑫トイレットペーパ
 ⑬切り花

2016年12月19日

「2017年2月度の販売企画書」について

月刊「食品商業」平成29年1月号に執筆

グロサリー部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ①    恵方は北北西! 福を呼ぶ恵方巻フェア!
  ②    バレンタインはレストラン風パスタ!
  ③    春寒し ホットナコーヒーで一息!
  ④    早春の味を楽しむ! 調味料フェア

 2、図表 2月の消費動向(前年対比、前月対比)
  48カテゴリーのうち今月の重要カテゴリー
  対前年比トップ:カップ麺127.0%
  対前月比トップ:ワカメ130.1%

菓子部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ①福を呼ぼう! 節分の豆菓子フェア!
  ②愛と感謝のバレンタインチョコフェア!
  ③抹茶、さつまいも・・・和風のお菓子フェア!
  ④ひな祭りパーテイ菓子フェア!

2016年12月1日

特集「ニュースで読み解く2016年の流通業界」
「ス-パーマーケット編」

月刊「販売革新」平成28年12月号に執筆
2016年を振り返る:他業態に対する勝ち残り策が重要に。

①ローカルチェーンで進む統合・提携
 リテールパートナーズ、関西スーパーマーケットなど

②お届けサービスの深耕
 個配、ネットスーパー、移動販売車、買物代行など

③PB商品開発が進化
 ライフコーポレーション、セブンプレミアム、トップバリュなど

④人材確保の制度が拡充
 マックスバリュ中部の雇用契約制度など

⑤「セミセルフレジ」の導入
 マルエツ、ヤオコー、オークワ、西鉄ストアなど