流通 総合コンサルティング フロントオフィスとは、「現場事務所」の意味です。 お客様の動きがわかる現場で、 商品・人・売場・販促・システムの諸問題を 実務レベルで解決していき 企業風土・企業ノウハウとして定着させます。

2017年7月16日

「2017年9月 このまま使える販促企画書」

月刊「食品商業」平成29年8月号に執筆 

1、暦・行事

2、ライフスタイル

3、記念日・重点メニュー・販促のポイント
  ①9月6日:黒の日
  ②9月14日:グリーンデー
  ③9月18日:敬老の日
  ④9月29日:招き猫の日

4、チラシテーマ

5、売上高の消化目標

6、9月の の注意点(商品管理、サービス管理、予約販売、危機管理)

2017年7月16日

「2017年9月 家計から見る売れ筋トレンド」

 月刊「食品商業」平成29年8月号に執筆

1、2016年9月の食料支出の概要

2、2017年9月の販促のポイント

3、今月の重点アイテムと販促のポイント
  ①レタス
  ②梨
  ③サンマ
  ④豚肉
  ⑤寿司(弁当)
  ⑥豆腐
  ⑦冷凍調理食品
  ⑧他の調味料
  ⑨カップ麺
  ⑩せんべい
  ⑪清酒
  ⑫他の化粧品
  ⑬切り花

2017年7月16日

「2017年9月度の販売企画書」について

月刊「食品商業」平成29年8月号に執筆

グロサリー部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ① 果実・野菜飲料で夏の疲れを吹き飛ばそう!
  ② 厳しい残暑が続く中、麦茶で夏バテ解消!
  ③ 日本食の原点! 秋の収穫祭 新米フェア!
  ④ 食欲の秋到来! 海の幸、山の幸フェア!

2、図表9月の消費動向(前年対比、前月対比)
  48カテゴリーのうち今月の重要カテゴリー

菓子部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ①シリアルで残暑迎撃! 夏バテ知らず!
  ②冷やしておいしく残暑のチョコを楽しむ!
  ③お彼岸! 伝統和菓子で一家だんらん!!
  ④新しいおいしさ発見! 秋の新商品フェア!

2017年7月2日

特集「価格の在り方を問う デフレは悪か」

第3部 価格の今を追う
「『九州価格戦争』に日本の“未来”を見る」
月刊「販売革新」平成29年7月号に執筆

1、激戦地、穂波エリアはDSを中心とした価格戦争
  図表①飯塚地区の激戦地マップ
  図表②福岡県飯塚市男女別・年代別人口
  図表③グラフ 飯塚市男女別・年代別人口
  図表④地区別人口・世帯数
  図表⑤店舗の概要とデータ

 ・イオン穂波店(編集部執筆)
  広域集客を見込む ハレ型の営業戦略

 ・ハローデイ穂波店(編集部執筆)
  買物の楽しさ、ハイ&ローでハードデイスカウント対応

 ・スーパーセンタートライアル飯塚店
  生鮮のMDが強化され お客の反応も上々

 ・ダイレックス飯塚店
  売場、システムをより効率化 最も買い回りのいい店

 ・ルミエール穂波店
  九州最強のDSは依然として健在

 ・MEGAドン・キホーテ飯塚店
  食品では日配が最安値 若年層の取り込みは巧妙

 ・ミスターマックス飯塚花瀬店
  ハイ&ロー戦略の訴求力の強さには疑問が残る

 ・デイスカウントドラッグコスモス穂波店
  ドミナントの深耕が際立つ 食品強化型Dg・S

 ・コメリパワー飯塚店
  早朝開店の効果もありプロユーザーニーズをつかむ

 ・サンリブのおがた
  直接的な競合ではないがSMとして存在感を発揮

2、価格調査で見えた乱売商品の存在
  ①加工食品:カップうどん、ペットボトル緑茶、カレールウ、ドレッシング
  ②菓子:スナック菓子2種、機能性ガム、チョコレート
  ③日配:機能性ヨーグルト、食パン、木綿豆腐、タマゴ
  ④日用雑貨:テイッシュペーパー、台所洗剤、洗濯用洗剤、歯ブラシ

3、「5適」を共通意識したMDが求められる
  ①ありがたみのある「やすさ」
  ②頻度:使用頻度 購入頻度
  ③値頃感
  ④価格弾性値
  ⑤適価

  図表⑥商品売価調査表(10店舗16品目)

2017年6月16日

「2017年8月 このまま使える販促企画書」

月刊「食品商業」平成29年7月号に執筆 

1、暦・行事

2、ライフスタイル

3、記念日・重点メニュー・販促のポイント
  ①8月4日:ビヤホールの日
  ②8月15日:月遅れ盆
  ③8月23日:処暑
  ④8月25日:即席ラーメン記念日

4、チラシテーマ

5、売上高の消化目標

6、8月の の注意点(オペレーション管理、サービスレベル、在庫管理、従業員管理)

2017年6月16日

「2017年8月 家計から見る売れ筋トレンド」

月刊「食品商業」平成29年7月号に執筆

1、2016年8月の食料支出の概要

2、2017年8月の販促のポイント

3、今月の重点アイテムと販促のポイント
  ①トマト
  ②ブドウ
  ③刺身盛合せ
  ④鶏肉
  ⑤寿司(弁当)
  ⑥豆腐
  ⑦アイスクリーム・シャーベット
  ⑧炭酸飲料
  ⑨乾うどん・そば
  ⑩他の菓子
  ⑪発泡酒・ビール風アルコール飲料
  ⑫シャンプー
  ⑬切り花

2017年6月16日

「2017年8月度の販売企画書」について

月刊「食品商業」平成29年7月号に執筆

グロサリー部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ① 洋風の夏の涼味! 冷たいパスタを楽しむ!
  ② 夏のスタミナメニューはバーベキュー!
  ③ スタミナメニュー第2弾、韓国とタイ料理!
  ④ さわやかにおいしくビネガー系ドリンク!

 2、図表8月の消費動向(前年対比、前月対比)
  48カテゴリーのうち今月の重要カテゴリー

菓子部門
 1、販売テーマと重点訴求商品
  ①海へ、山へ! 行楽の人気商品フェア!
  ②お土産にどうぞ! 地域限定菓子特集!
  ③もらってもあげても良し! お盆玉セール!
  ④虫が鳴くころ! 初秋の甘味菓子フェア!

2017年6月3日

特集「流通業界 喫緊の課題」
第2部 価格 物流 閉店 問題の現状と求められる対応
「価格は何処へ向かう 見直すべきMD」

月刊「販売革新」平成29年6月号に執筆

1、価格に対する特徴的な動き
  イオンの事例
  ミスターマックスの事例
  図表①イオンの値下げ商品リスト

2、環境変化を見極めた上の価格設定が求められる
  ①社会環境の変化
  ②消費環境変化
  ③価格訴求策の深耕

3、「適」を念頭に置き売上げと利益を確保する
  ①商品化計画の「適時・適品・適価・適量・適場」の「5適」
  ②売れ値頃
  ③市場価格
  ④価格設定時のキーワード「適価・適量・価格弾性値・頻度・シェア」
  図表②「適価」と「適量」の試算と概念(グロサリーでの一例)

4、不用意に値下げの嵐に巻き込まれない方策をとれ
  ①価格競争は消耗戦になりやすい
  ②ありがたみのある価格設定
  ③無駄な安売り競争はしない
  ④買いやすさ、親しみやすさなど価格以外の「やすさ」も追求

2017年5月15日

「節約志向の波に打ち勝つ!」
「激戦区価格調査 九州編」

月刊「食品商業」平成29年6月号に執筆
        
SM、DS、Dg.S 三つ巴の戦い
サンリブ、マルキョウ、トライアル、ルミエール、コスモス
勝ち残りには、他業態にない“やすさ”の磨き上げが必要

1、九州の食費における節約志向の特徴
  一大生産地かつ巨大消費地
  物価安は歴史的な必然

2、SM(サンリブ、マルキョウ)と他業態との比較
  ・サンリブ
   鶏肉の品質と弁当類のご飯の味が良い
  ・マルキョウ
   加工食品の価格は魅力も、生鮮は高め
  ・トライアル
   野菜の鮮度が5店舗中、最も良い
  ・ルミエール
   昼時点で主要品目の品切れあり
  ・コスモス
   加工食品の売上規模はSMを抑え九州一。
          
3、SMは多業種とどう戦うべきか
  ・他業態にない買い物環境の多様な「やすさ」を磨く

4、SMの強みである生鮮をどう特化するか
  ・「適時・適品・適量・適価・適場」の「5適」でMD政策を再構築

5、今のSMの売場に足りない商品群を強化すべき
  ・自店と競合店のマトリックス作成 強みを強化し、弱みを克服

6、節約消費者を味方にして優良顧客にする
  ・メニュー訴求重視でトータル購買価格のお得を目指す

7、今後、SMが目指すべき方向性
  ・ストレスのない買物環境の実現で「かいものが楽しい」になる

8、図表
  ①5店舗の価格調査表
  ②カテゴリー強化手法

2017年5月15日

「2017年7月 このまま使える販促企画書」

月刊「食品商業」平成29年6月号に執筆 

1、暦・行事

2、ライフスタイル

3、記念日・重点メニュー・販促のポイント
  ①7月2日:半夏生
  ②7月16日:駅弁記念日
  ③7月23日:大暑
  ④7月25日:土用丑の日

4、チラシテーマ

5、売上高の消化目標

6、7月の注意点(クレンリネス、予約販売、従業員管理、在庫管理)