流通 総合コンサルティング フロントオフィスとは、「現場事務所」の意味です。 お客様の動きがわかる現場で、 商品・人・売場・販促・システムの諸問題を 実務レベルで解決していき 企業風土・企業ノウハウとして定着させます。

HOME > 新着情報

Category: 新着情報


2021年10月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第3回目:小売業の歴史
  第1節:スーパーマーケットの原型の歴史
  ①アメリカで原型の誕生
   ・1930年ニューヨーク州ロングアイランド
   ・マイケル・カレンによる「キング・カレンの店」
  ②誕生の背景
   ・大恐慌の最中で消費者の生活は困窮
   ・少しでも安く購入したい消費者
  ③受け入れられた理由
   ・商品群によって値入率を柔軟に設定
   ・マージンミックスでの販売方法    
   ・相乗積で仕入れ販売をコントロールして経営を安定化

  第2節:スーパーマーケットの原則の歴史
  ①アメリカでさらに進化し、現在の原則を多く備えた
   ・1932年ニュージャージ州
   ・ロバート・オテイスとロイ・ドーソンが「ビッグ・ベア」開設
  ②考え方の基本(低マージン・高速回転→高い交差比率)
   ・単品大量販売
   ・セルフサービス
   ・広い売場
   ・部門別管理
  ③スーパーマーケットは大恐慌の申し子
   ・世界的な不況時に誕生して発展
   ・新型コロナウイルスのパンデミック状況下で今後は?

  第3節:日本の戦後の小売業の歴史
  ①近代化期(1945年から1974年の30年間)
   ・前期(勃興期):総合スーパーへの準備期でセルフサービス店が急増
   ・後期(成長期):GMS店舗急増、流通再編、百貨店を越える年商
            中小商業者や商店街と対立→大店法の規制措置
            大学新卒の入社増大、CVSが誕生し拡大化 
  ②多様化と淘汰期(1975年から2004年の30年間)
   ・バブル期:出店規制が厳しくなり、競争緩和で増収増益、
         しかし一方ではHC、DgSはじめ各種カテゴリーキラーの
         出現でGMSを浸食
   ・バブル後:バブル崩壊とオーバーストア現象で多数の企業が淘汰された
  ③国際化とさらなるシステム化(2005年から)
   ・カルフール、ウオルマート、コストコ、イオン、イトーヨーカドー
   ・IT化、DX(デジタルトランスフォーメーション)の深耕

  第4節:歴史に何を学び、近未来にどう対処するか
  ①コロナ禍が直撃した上場小売業の2020年度の決算から
   ・主要8業態のうち4業態が増収増益・4業態が減収減益
   ・好調:SM29社、DgS23社、HC16社、CE11社
   ・不調:GMS10社、CVS6社、DP12社、AP26社
  ②今後の自分と企業の存続・成長のための前提
   ・毎日の業務は歴史の中の1日で、3年後の自分の目で今を思い巡らす
   ・歴史づくりの1人であることの自覚(個人は在籍中の企業内で、
    さらに業界内で、「自己実現の自分史づくり」を意識。    
   ・SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)
    「世界中の人々が平等かつ安全に生きることのできる社会を
    作るための目標」とリンクさせる
  ③迷ったときは原点へ
   ・初心を忘れず、初心にかえる
   ・時流と変化への即応

2021年10月1日

12月の販売促進のポイント 

1、週別のMDポイント

  第49週:11月29日(月)から12月5日(日)
  今年もコロナ禍の中、年末商戦の第1弾に突入の時季。年末商戦は1年間の
  お客からの評価される機会。予約販売強化、配達サービス強化で拡販態勢を。 

  第50週:12月6日(月)から12月12日(日)
  冬のボーナスが支給され、衣料品、家電など高額品や大型の買物が増える頃。
  クリスマスプレゼント商品、お歳暮売場はじめ、BGM含め華やかな
  売場づくりがポイント。

  第51週:12月13日(月)から12月19日(日)
  家庭でのクリスマスパーテイやホームパーテイなど、何かとにぎやかになる頃。
  パーソナルギフトやパーテイメニュー材料やパーテイグッズの訴求提案を強化。  

  第52週:12月20日(月)から12月26日(日)
  買い忘れ防止の品目を掲示案内。商品の発注管理、売数管理、在庫管理を毎日、
  時間ごとに把握。品切れ、不親切対応、不衛生でストレスゼロの態勢にも注意。

  第53週:12月27日(月)から12月31日(金)
  この週が1年を通じて売上額、物量がピークとなる週で超多忙。
  この週は忙しさのピークでもあり、「多忙=多忘」でミスが多発になりがち。
  おせち料理の受け渡し、配送ミスなどに注意。

2、各部門の販促アプローチテーマ
  グロサリー
  ①おもてなしにも重宝、ステイック飲料!
  ②忙しい時はコレ! レトルト調味料フェア!
  ③クリマスパーテイ! おつまみ缶全員集合!
  ④迎春! 日本のお正月は玉露茶で!

  菓子
  ①おもてなしにも重宝 徳用大袋菓子!
  ②おつまみにも重宝! ナッツにチョコ!
  ③クリスマスパーテイ! プチ菓子フェア!
  ④元気に年越しを! のどを守り隊!

  デイリー
  ①冬の健康間食にはコレ! チーズ・豆乳・ヨーグルト
  ②おいしさと楽しさ! 和・洋菓子フェア!
  ③クリスマスパーテイ! 人気の冷食フェア!
  ④コロナ禍 願いを込めて、年越しそば!

  リカー
  ①くつろぎのひとときに、こだわりのワイン!
  ②リモート忘年会は酎ハイで! 
  ③クリスマスパーテイ!スパークリングワイン
  ④迎春!日本のお正月は日本酒で!

2021年9月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第2回目:小売業の使命とは
  第1節:流通業について
  ①流通は生産と消費のギャップをなくす
  ②消費者にとっての流通のメリット
  ③3つの流れ(情報・商品・お金)

  第2節:小売業の業種と業態について
  ①業種(ビジネスの種類=カテゴリー)
  ②業態(販売の方法=店舗存在形態別)
  ③小売業態の分類
   ・品揃えの広さと深さ(総合スーパー=GMS、百貨店など)
   ・価格で品揃え(100円ショップ、デイスカウントストアなど)
   ・販売方法(セルフ式、対面式など)
   ・経営方式(単一独立経営、チェーンオペレーション方式など)
   ・店舗集積(商店街・ショッピングモールなど)
   ・物理的店舗無し(通信販売、カタログ販売など)

  第3節:小売業の役割について
  ①小売業の定義:商品を仕入れ・調達、または製造し消費者に販売する事業
   ・販売機能
   ・仕入れ・調達機能
   ・輸送・保管機能
   ・情報伝達機能
   ・楽しい買物の場の提供機能
  ②「5つの適」の実現
   ・適時、適品、適量、適価、適場

  第4節:小売業の評価
  ①企業として継続・生き続けることが使命(SDGsが基盤)
   ・ゴーイングコンサーン
   ・5客への貢献(消費者・従業員・取引先・テナント・株主)
  ②バロメーター
   ・売上は人気、支持、ありがたみのバロメーター
   ・利益は満足、ご利益(ごりやく)、ありがたみのバロメーター
   ・在庫管理は食品ロス管理などの社会的貢献度のバロメーター
  ③迷ったときは原点へ
   ・時流と変化への即応
   ・喜ばれることを増やし、嫌がられることのゼロ化
   ・初心を忘れず、初心にかえる

2021年9月1日

11月の販売促進のポイント 

1、週別のMDポイント
  第45週:11月1日(月)から11月7日(日)
  コロナ禍、三密を避けて深秋の紅葉狩りや土曜・日曜を利用したミニ旅行を
  楽しむ頃。7日に立冬を迎え、鍋物はじめ、携帯カイロ・防寒衣料など完全な
  冬モードで売場展開。

  第46週:11月8日(月)から11月14日(日)
  鍋物メニュー食材のカキ、シャケ、アンコウ、鶏肉など単品素材をメインにした
  レシピ提案。薬味、牛乳、ポン酢などで新しい鍋物料理提案でマンネリ防止策を。

  第47週:11月15日(月)から11月21日(日)
  15日の七五三祝いや18日のボジョレーヌーボー解禁でホームパーテイが盛んに。
  ちらし寿司、ハンバーグなどのキッズメニューとワイン用おつまみなども関連訴求。

  第48週:11月22日(月)から11月30日(火)
  冬の賞与シーズンとなり高額品の購入や貯蓄など思案する頃。すき焼きなど
  鍋用牛肉では肉質の等級を上げ、刺身盛り合わせ、プレミアムビール、ワインなど
  高額商品を。

2、各部門の販促アプローチテーマ
  グロサリー
  ①寒さに負けるな! シチューフェア
  ②祝・七五三! キッズメニューフェア
  ③ボジョレー・ヌボー! 名脇役たち!
  ④地味だがあれば重宝 水産乾物!

  菓子
  ①寒さに負けるな! のど飴フェア
  ②祝・七五三!千歳飴派? グミ派?
  ③ボジョレー・ヌボー!マリアージュの楽しみ!
  ④コーヒーブレイクに人気のチョコ菓子!

  デイリー
  ①寒さに負けるな! ヘルシー飲料フェア
  ②祝・七五三! 鍋料理でパーテイ!
  ③ボジョレー・ヌボー!チーズをお供に!
  ④バターは調味料! として使ってみよう!

  リカー
  ①寒さに負けるな! ホットワインフェア
  ②祝・七五三! オリジナルラベル 
  ③祝・解禁!ボジョレー・ヌボー!
  ④リモート飲み会! 酎ハイお試しフェア!

2021年8月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第1回目:学生から社会人へ
  ①本業は仕事
  ②5つのステークホルダー
  ③給料はお客様から
  ④コンプライアンス・社内規定の完全理解と実践
  ⑤自己管理は時間管理
  ⑥5W3H
  ⑦新人の特権
  ⑧社内外にメンターをつくる

2021年8月9日

10月の販売促進のポイント 

1、週別のMDポイント
  第41週:10月1日(金)から10月10日(日)
  コロナワクチン接種が進んできましたが、昨年自粛した秋の行楽シーズンを
  楽しみたい人、やはり自粛する人が半々という状況が続きそうです。
  いずれにしても、秋が深まり、旬の味覚を楽しむ生活モードになります。

  第42週:10月11日(月・祝)から10月17日(日)
  地域によっては初霜が降りて、冬支度が本格化する頃です。携帯カイロの需要も
  上がってきます。この頃までにお歳暮ギフトの早期割引態勢を整えましょう。

  第43週:10月18日(月)から10月24日(日)
  10℃未満の日が増え、鍋物料理、シチューなど本格的な冬モードの食卓になります。
  年末商戦のおせち料理、クリスマスケーキの先行予約態勢の強化が求められます。

  第44週:10月25日(月)から10月31日(日)
  ハローウイーンがバレンタインよりも市場規模が大きくなり、さらに拡大中です。
  コロナ対策の提案をしながら、目立たせた売場づくりの演出にトライしましょう。

2、各部門の販促アプローチテーマ
  グロサリー
  ①焚き火料理で秋を満喫!
  ②家庭メニューの定番 シチューフェア
  ③世界パスタデー! 人気のパスタフェア
  ④親子で楽しもうハローウイーンパーテイ

  菓子
  ①焚き火を囲んでビスケット!
  ②お待たせ! 人気のチョコフェア
  ③全員集合! 秋の新商品フェア
  ④すっかり定着! ウキウキハロウイーン

  デイリー
  ①焚き火で直焼き!お好み焼き
  ②台風シーズン! 備蓄冷凍食品フェア
  ③湯気のあるおいしさ! 幸せおでん鍋
  ④おいしく楽しく ハロウィーン盛上げ隊

  リカー
  ①焚き火料理にはワインと日本酒!
  ②焼酎党、何派? 芋派・麦派・米派・・
  ③ご存知ですか? マッコリの日!
  ④ノンアルもいっしょ! ハロウィーンパーテイ

2021年7月2日

「ダイヤモンド・チェーンストア」2021年7月1日号に執筆
「販促を強化するための棚割りと手法、今後の注目トレンド
 グロサリー部門(秋~冬)

 序:概況
 ・少子高齢化・人口減による国内消費の先細り
 ・節約志向の高まりからくる価格競争の激化
 ・新型コロナウイルスの感染拡大と市場環境の変化     

 1、棚割り:売場づくりの基本「5適」
   図表①
   ・5適:適時・適品・適量・適価・適場の各項目について
   ・第1段階:正しく現状把握(売上が下がる要因の排除)
   ・第2段階:まずやってみる(売上が上がる要因の追求)
   ・第3段階:繰り返し改善して日常業務化
        (売上を上げる技術・仕組みの再構築)

 2、販促手法:全社一丸で自然と商品が売れる仕組みをつくる
   ・ポイント:3つの「シンカ」:推進化・深化・新化
   ・考え方:売場は仕入れ先との共有の営業資産と位置づけ、
        共存共栄の方針で情報交換と販促対策を進める
   図表②
   ・販促の役割分担
   ・部署:店舗、商品部、営業企画部、店舗運営部、営業本部
   ・何が・何を:買上率、客数
   ・どうなる・どうする:売上が下がる・上がる、売上を上げる
   ・そのための徹底項目

 3、注目トレンド①:消費者の生活スタイルの変化
   ・巣ごもり生活の充実化
   ・健康・感染予防
   ・家族と一緒の時間の充実化
   ・節約志向の深耕
   ・ネット活用の浸透(シニア層も)

   注目トレンド②:消費者の食生活の変化
   ・外出自粛で外食の縮小化、内食・中食の拡大
   ・結果、1週間単位でのまとめ買い(EC活用の場合も)
   ・また、家庭内で調理と食を楽しむ人の増加
   ・単身世帯では中食利用拡大し中食メニューの多様化
   ・今後の商機は健康志向と髙コスパの商品群の品揃え訴求

2021年6月7日

1、週別のMDポイント
  第32週:8月1日(日)から8月8日(日)まで。
  予定どおりであれば東京オリンピック閉幕の週で多くの競技のテレビ観戦が
  予想されます。
  即食系の冷凍食品、レトルト食品、スナック菓子類、飲料類を拡販しましょう。

  第33週:8月9日(月)から8月15日(日)まで。
  予定どおりであればコロナワクチン接種が進みお盆の帰省が始まります。
  迎える側の準備用
  として郷土料理はじめ、ハレの日のご馳走メニュー食材・調味料などを
  展開しましょう。

  第34週:8月16日(月)から8月22日(日)まで。
  お盆帰省のUターンの週で郷土の手土産品をボリューム展開が必須となります。
  地方商品が紹介された「日本全国ご当地スーパー隠れた絶品、見~つけた!」
  も参考に品揃えの強化を。

  第35週:8月23日(月)から8月31日(火)まで。
  子どもたちは新学期の準備モードに入る時季です。北日本では温ったか
  メニューに切り替わる時季で、全国的に夏物から秋物食材へと、
  商品構成の変更の準備をしましょう。

2、8月の販促アプローチとしての記念日・歳時記
  ①8月5日:発酵の日
  ②8月15日:月遅れの盆
  ③8月23日:処暑
  ④8月31日:野菜の日

3、8月のオペレーション上の注意
  ①売場演出:お盆商材はエリアによって違うので、個店で品揃え演出を
  ②サービスレベル:夏休みのアルバイト学生にも接客レベルのバラツキ防止指導
  ③販売管理:お盆商戦は特に品切れ対策と特注商品の手配ミスの防止
  ④施設管理:全店あげて、新型コロナウイルス対策に加え、設備機器の衛生管理

4、8月の重点訴求アイテム
  ①野菜:レタス
  ②果物:モモ
  ③水産:エビ
  ④精肉:豚肉
  ⑤惣菜:焼き鳥
  ⑥和日配:油揚げ・がんもどき
  ⑦洋日配:アイスクリーム
  ⑧グロサリー:炭酸飲料・カップ麺
  ⑨菓子:スナック菓子
  ⑩酒類:ノンアルコール飲料
  ⑪雑貨:洗濯洗剤類

2021年5月3日

1,序:4つの「M」とは・・・
 「マーケティング」
 「マーチャンダイジング」
 「マイニング」
 「マネジメント」

2,収録内容
 DISC1 第1回 4つのM
 DISC2 第2回 「4つのM」の「適量」について
 DISC3 第3回 店長のスキルアップのために
 DISC4 第4回 小売業の7大スキル
 DISC5 第5回 ストアコンパリゾン
 DISC6 第6回 Mining
 DISC7 第7回 4つの「M」と「8C」の位置づけ
 DISC8 第8回 4つの「M」と「部門トップとしての経営の力」の位置づけ
 DISC9 第9回 4つの「M」と「小さな店でも大手に負けない仕事の進め方」
 DISC10 第10回「4つのM」まとめ 10のポイント

3,購入方法(商人ねっと市場)
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/akindonetichiba/4m.html

2021年4月3日

1、週別のMDポイント
第23週:5月31日(月)から6月6日(日)まで。
「歯と口の健康週間」で歯に優しい菓子類やオーラルケアグッズ、デンタルヘルス系を訴求展開しましょう。食の伝統行事として梅干しやらっきょを漬ける時季で、男性シニア層に作り方をPOP提案して伝統の食文化を伝え拡販しましょう。

第24週:6月7日(月)から6月13日(日)まで。
北海道以外ではこの頃梅雨に入ります。部屋干し対策の衣料洗剤など関連グッズの重要がさらに高まります。米の産地ではこの頃、田植えとなり農作業の合間のおやつ、間食として菓子パン、団子などの和菓子類の需要が上昇してきます。

第25週:6月14日(月)から6月20日(日)まで。
お中元ギフトの売場づくりと先行予約がスタートする頃で早期予約割引制度の利用促進、販促促進を強化しましょう。夏の賞与での買い物プランをめぐらし、家族全体でワクワクする頃です。新規の商品提案で新規需要を確保しましょう。

第26週:6月21日(月)から6月27日(日)まで。
1年で最も日が長い夏至のある週です。この頃は買物時間も長く、遅くまで来店客があるので、夕方以降の品切れ防止がポイントになります。例えば、牛乳・ヨーグルト、食パン、弁当類などの目的買い商品の発注精度をさらに上げましょう。

第27週:6月28日(月)から7月4日(日)まで。
涼味食品のさっぱり系のメニューにさらに関心が高まってきます。梅雨明けが間近ですが、山間部でゲリラ豪雨災害の発生や台風の発生などの可能性もあり、パックご飯などの即食系や電池など防災避難用グッズも提案訴求しましょう。

2、6月の販促アプローチとしての記念日・歳時記
  ①6月2日:イタリアワインの日
  ②6月11日:梅酒の日
  ③6月20日:父の日
  ④6月28日:貿易記念日

3、6月のオペレーション上の注意
  ①クレンリネス:新型コロナウイルス対策及び梅雨時の食中毒対策
  ②売場演出:梅雨時で買物そのものが億劫になりがち。カラフルに楽しく
  ③販売管理:飲料系など気温上昇に伴い、売れ数の異常値への対応
  ④施設管理:全店あげて、新型コロナウイルス対策に加え、設備機器の衛生管理

4、6月の重点訴求アイテム
  ①野菜:サヤ豆
  ②果物:スイカ
  ③水産:刺身盛り合わせ
  ④精肉:牛肉
  ⑤惣菜:寿司弁当
  ⑥和日配:梅干し
  ⑦洋日配:ヨーグルト
  ⑧グロサリー:ソーメンなどの乾麺・酢
  ⑨菓子:スナック菓子
  ⑩酒類:糖質ゼロのビール・発泡酒
  ⑪雑貨:部屋干し対応洗濯洗剤類

Back to top