流通 総合コンサルティング フロントオフィスとは、「現場事務所」の意味です。 お客様の動きがわかる現場で、 商品・人・売場・販促・システムの諸問題を 実務レベルで解決していき 企業風土・企業ノウハウとして定着させます。

HOME > 新着情報

Category: 新着情報


2022年6月15日

(株)リテール総合研究所の「リテールトレンド」にて発売中
「リテールトレンド」は小売流通・食品業界の新たな出会いを支援します。

「小売現場『実行と改善』のコツ、あらためて身につけるべきスキル」は
こんな方にオススメ
①小売現場での「実行と改善」を体系的に学びたい方
②現場のスキル向上に課題を感じている方
③小売現場の教育担当の方

1,コンテンツ
  ①身につけるべきスキル「主任コース」
  ②身につけるべきスキル「フロアー長コース」
  ③身につけるべきスキル「店長コース」  

2,第1回目:主任コース
  ①コミニュケーションスキルについて        
  ②基礎遂行スキルについて(8つのC)    
  ③時流と変化への即応のスキル

2022年6月6日

(株)リテール総合研究所の「リテールトレンド」は
小売流通・食品業界の新たな出会いを支援します。

7月の販売促進のポイント 

第1週
 6月27日(月)から7月3日(日)の週は涼味食品のさっぱり系のメニューに
 さらに関心が向くころ。梅雨明けが間近だが、山間部でゲリラ豪雨災害の発生や
 台風の発生などの可能性もあり、パックご飯などの即食系や電池など 
 防災避難用グッズとしての買い置きも提案訴求展開したい。

第2週
 7月4日(月)から7月10日(日)の週。7月7日の小暑のこの時季、
 真夏本番へ突入。気温が上昇し日差しがさらに強くなり、UV対応やヘアケア対策、
 汗ばみ対策でボディケアグッズの需要が上がる。アイスクリームやみつ豆、
 炭酸系飲料など、デザート、涼味食品、夏の味覚のオンパレードとなる。

第3週
 7月11日(月)から7月17日(日)の週は、熱中症対策、殺虫・防虫対策など
 夏ならではの買物行動が顕著になり、購入頻度がさらに高まって来る。家族単位、
 友だちなどのミニグループ単位で、次週の夏の連休を利用してミニ旅行など
 行楽需要への販売態勢も準備したい。

第4週
 7月18日(月・祝日、海の日)から7月24日(日)の週は、子どもの夏休みが
 始まる週で、子どもが家庭にいる時間が大幅に増える。冷蔵庫、台所のストック
 食品類で飲料、即食系、菓子など重宝する必須アイテムを提案して、需要を促進
 したい。さらに、飲料や即席麺などのケース売り、まとめ買いを提案する。

第5週
 7月25日(月)から7月31日(日)の週。前の週の23日は土用の丑。
 この週も継続して、うなぎをメインに焼肉などのスタミナメニューを訴求。
 連日の暑さで涼味食品、スパイシーメニューの需要も高まる。
 夏のオールスターメニューの提案品揃え訴求とレシピ訴求がポイント。

 次に、グロサリーの7月の販促アプローチ、テーマを4つずつに分けて
 売場展開と重点商品、トレンド商品を確認しよう。

加工食品
1,暑さ撃退! ビネガー系ドリンクフェア!
  今年も暑さが厳しくなると予想され、どうしても食欲が落ちがちになる。
  また、昨年も熱中症対策への関心が高まった。そこで、熱中症予防、夏ばて
  防止にも役立つビネガー系飲料をメイン訴求して、関連飲料も品揃え展開する。
  売場展開のポイントは選択の幅を広げる品揃えとすること。
  例えば、ペットボトル飲料では緑茶、スポーツドリンク、ミネラルウオーター、
  コーヒー、麦茶の各種サイズを関連展開。特に高血圧が気になるシニア層には
  特定保健用食品(トクホ)商品も訴求する。

  【重点商品】
  ミツカンのブルーベリー黒酢、ヨーグルト黒酢、うめ黒酢、さらにトレンド商品
  としてはフルーティス日向夏。キッコーマンの蜂蜜柚子酢、タマノイ酢の濃縮
  タイプのダイエットシリーズのはちみつりんご酢、はちみつうめ、はちみつレモン。
  関連としてトクホの花王ヘルシア緑茶シリーズ、サントリーの伊右衛門特茶など。

2,レストラン人気メニューで夏のプチぜいたく!
  暑さがますます厳しくなり、食欲が落ちがちなこの時季は作る方も手抜きに
  なりがちな時季となる。そこで、メニューのマンネリ防止と多少の手抜きでも
  子どもが喜ぶメニュー食材を使って、レストラン風の食卓を楽しめる提案を実施。
  具体的には、子どもが大好きなファミリーレストランの人気上位メニューを提案。
  1つのメニュー、単品を訴求するのではなく、メニューをレシピを案内して訴求。
  例えば、カレーやシチューの楽しみ方としてトッピングやソース類の提案がある。
  ケーキやクッキー材料でのレーズンはカレーのトッピングとしても人気。また、
  カレーにしょうゆやソースをかけて楽しむ人も少なくないなど、カレー料理、
  シチュー料理のおいしさ、楽しさを提案する。

  【重点商品】
  カレー、ハンバーグ、唐揚げ、オムライス、ホットケーキ、お好み焼などが
  人気メニュー。これらの具材やスパイスなどの調味料、調理材料を中心に訴求。
  さらにトレンド商品としてナッツ類、ドライフルーツ類をトッピングとしても訴求。

3,夏の定番、アジアンエスニックフェア!
  暑いときは暑い国の名物料理をおいしく食べて、食欲不振にならないように提案
  したい。夏の常設エンド展開としてカレー関連が定着しているが、マンネリ防止策で
  新規売上確保のためカレーエンドとコラボレーション関連販売でアジアンエスニック
  の食材を展開。また、マンネリにならないように提案アプローチ法を増やし、
  サブテーマを切り替えるなどの工夫を。例えばシーフード、フルーツなど「材料」の
  切り口、タイ風、ベトナム風など「隠し味」の切り口など。

  【重点商品】
  アジアンエスニック食材として、タイカレーキット、ナンプラー、ライスペーパー、
  トムヤンクン、ココナッツミルク、フォー、スイートチリソースなどベトナム、タイ
  を中心に展開。その他、カレー関連ではマンゴー缶詰、パイン缶詰、福神漬け瓶詰、
  らっきょう瓶詰、ウスターソース、ケチャップ、レーズン、松の実なども同時展開。

4,夏休み突入! カラフル涼味デザートフェア!
  夏休み中の常備定番おやつとして涼味デザート群をボリューム展開。
  ポイントは和風、洋風、トロピカルなど幅広く品揃えして選ぶ楽しさを演出。
  例えば、味と食感を楽しむ材料系、目でも楽しむカラー系、おもてなし用にも
  重宝するプチぜいたく系など品揃えを幅広く訴求したい。手づくりデザートとして
  入手しやすい商品群として200品目ほどあるが、寒天系、牛乳系、そのまま作れる
  セット系など展開。具体的な売場づくりとして涼感を打ち出す。
  すだれ、かき氷の旗、のぼりなど目立つ売場にして、寒天を流す型など関連雑貨も
  陳列しよう。

  【重点商品】
  ハウス食品のフルーチェシリーズはじめ期間限定の夏のフルーチェ、
  はごろもフーズのフルーツ缶詰の朝からシリーズの黄桃、ナタデココ、
  トレンド商品として朝からスイーツシリーズの黒糖寒天や杏仁豆腐がある。
  その他、関連として粉寒天、ゼラチン、バニラエッセンス、ゆでアズキ缶、
  かき氷シロップ、レモン果汁黒蜜、蜂蜜、抹茶など。

次に菓子の売場展開と重点商品について。

菓子
1,プチぜいたくなティータイムフェア!
  この時季、夏の賞与が支給される。また、気温がますます上昇してくるこの時季、
  家事が一段落した主婦や仕事から帰宅した女性のプチぜいたく時間になるように
  冷やしておいしいスイーツ類を展開。販売陳列場所はレジ前など、チェックアウト時
  の衝動買いとついで買いに向けた展開とする。価格帯は200円前後が売れ筋だが、
  プチぜいたく時間が目でも楽しめるように、ウグイス色、桜色など彩を添えたい。
  冷茶、アイスコーヒーはじめ、夏でも温かい飲み物ファンがいるので両温度帯に
  合う菓子類を展開。

  【重点商品】
  両温度帯の飲み物に合う不二家の新商品のカントリーマアムまみれさんのバカンス
  はじめ抹茶ショコラ、ホームパイ。その他、カステラ、バウムクーヘンなど、
  新旧の味を同時展開。

2,暑さ撃退! スパイシースナックフェア!
  気温が上昇して25℃を超えてくると、飲み物と一緒にホット&スパイシーな
  スナック菓子の人気も上昇してくる。そこで、スパイシースナックコーナーを
  エンドにて常設展開して、商品を切り替えながらボリューム陳列。
  ポテトチップスはじめ、成型品やコーン製品を展開。ターゲットは子どもから
  シニア層の老若男女全てで、甘辛いものから激辛までフレーバーの種類を幅広く
  展開する。さらに、他部門との関連販売として飲み物の炭酸系、ビールなどの
  アルコール系などと連動して陳列する。

  【重点商品】
  トウガラシを中心にわさび味などのスパイシー商品、アンチョビーやサクラエビを
  使った、おつまみにもなる老若男女対応の商品群を週単位で訴求したい。

3,夏休みの朝食準備! シリアルフェア!
  夏休みは規則正しい生活や食習慣が乱れがちになりやすいので、夏休みを前にして
  規則正しい食習慣の維持をPOPで提案。穀物類とドライフルーツが原材料の
  シリアル商品群をメインに果実、野菜ジュースなどの常温商品であるペットボトル
  飲料も陳列。朝食グッズとして関連訴求して相乗効果を高めたい。
  特にグラノーラが注目さているのでアイテム数を増やすなど、品揃えを強化。

  【重点商品】
  日清シスコのごろグラシリーズ、カルビーのフルグラシリーズ、ケロッグの
  オールブランやトレンド商品としてオートミールなど。
  
4,ビールがうまい! おつまみフェア!!
  毎年、ビール、発泡酒類が5月ごろから伸び始め、7月に一気に増加するが、
  今年も早くなると予想される。そこで、それに合わせて手軽な「乾きものつまみ」
  を訴求。新しい売り方として「つまみ」以外の提案訴求をしたい。
  例えば、酒を飲まないシニア用に「噛む力」を維持するための割きイカの提案など。

  【重点商品】
  珍味類は割きイカをベースにホタテ貝柱、シジミ貝、マグロミックスなど高単価商品
  も訴求。豆菓子類は人気定番の殻付き落花生をはじめ、ピスタチオ、
  カシューナッツ、アーモンドなどトレンド商品でもあるナッツ類、カリカリ梅など
  幅広く品揃えしたい

2022年5月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第10回目:組織と将来の自分について
  第1節:組織について
  ①組織化        
  ②組織運営    
  ③組織原則

  第2節:人事評価
  ①人事評価とは 
  ②人事評価の注意点と対策
   ・ハロー効果
   ・中心化傾向

  第3節:働き方について
  ①従来の労働環境  
  ②今後の労働環境 

  第4節:新入社員から3年次までのポイント
  ①M・V・P(会社と自分自身の)
   M:Mission 使命、任務
   V:Vision 構想、見通し
   P:Passion 情熱、種火

  ②4つのP
   Philosophy:企業理念・哲学と個人の信念(モノの考え方、困難時の立ち位置)
   Plan:短期と中長期も(将来の自分のこうなりたい、こうなるぞという姿)
   People:人材から人財へ
   Priority:優先順位を付ける(我れ、今、何をなすべきや!)         

  ③マズローの欲求段階説(自分自身を客観視して、自分自身の動機づけに応用)
  ・生理的欲求:生活維持の手段を求める
  ・安全欲求:危険から身を守りたい
  ・社会的欲求:集団や仲間と良好な関係づくりと維持
  ・自我欲求:自分の価値観を満足させたい
  ・自己実現欲求:自分の潜在能力を充足したい     

  ④問題解決能力と3つの思考様式
  ・ゼロベース思考:既成概念やしがらみ、成功体験を取り払う
  ・ポジテイブ思考:なぜできないのか⇒どうしたらできるか
  ・仮説思考:仮説・実験・検証のサイクルをまわしてスパイラルアップ

  ⑤「問題」を「機会」に変えられる問題解決のプロセス
  ・問題は何か
  ・問題はどこにあるのか
  ・問題はなぜ存在するのか
  ・問題に対して何ができるのか
  ・問題に対して何をなすべきか
  ・未達項目が残れば、これらのサイクルをまわす

  第5節:新入社員セミナーのまとめ
  ①能力開発
  ・企業が行う能力開発(人材から人財への教育投資を受ける)
  ・自分で行う能力開発(人財になるために自己投資をする)
   ポイント:自分自身のライフプラン・キャリアデザインを描く
        その実現のため「この時の今、自己研鑽」を行う 
        メンターをつくる(お師匠さん、目標の人を見つける)

  ②心構え
   ・職場での基本姿勢:明るく、元気に、素直に!
   ・仕事での基本姿勢:挨拶の徹底(挨拶は自分から先に)、
   時間厳守(信頼の第1歩)
   ・将来の自分への伝言
    できる人になります:専門スキル、マネジメント能力など
    できた人になります:人徳、リーダーシップ(一目おかれる人)

2022年5月6日

(株)アール・アイ・シー発行
特集:流通人の常識力

第1講:チェーンストアについての常識
 ①チェーンストアと呼ばれる組織の店舗数とは
 ②チェーンストアの「3S」とは
 ③支店経営との違いとは
 ④本部の最大の機能とは
 ⑤チェーンオペレーションとは
 ⑥セルフサービスによる販売の目的とは
 ⑦ラインロビングとは
 ⑧バーテイカルマーチャンダイジングとは
 ⑨マニュアルとは
 ⑩部門管理とは

第2講:業態についての常識
 ①業種とは
 ②業態類型(フォーマット)とは
 ③GMS(総合スーパー)と百貨店の違いは
 ④SM(スーパーマーケット)とは
 ⑤CVS(コンビニエンスストア)が成功した理由とは
 ⑥Dgs(ドラッグストア)がラインロビングした切り口は
 ⑦HC(ホームセンター)とは
 ⑧Su.C(スーパーセンター)とは
 ⑨カテゴリーキラーとは
 ⑩ネットスーパーが定着した理由とは

2022年5月1日

7月の販売促進のポイント 

1、週別のMDポイント

 第27週:6月27日(月)から7月3日(日)まで。
 涼味食品のさっぱり系のメニューにさらに関心がむく頃です。梅雨明けが
 間近ですが、山間部でゲリラ豪雨災害の発生や台風の発生などの可能性もあり、
 パックご飯などの即食系や電池など 防災避難用グッズとしての買い置きも
 提案訴求展開しましょう。

 第28週:7月4日(月)から7月10日(日)まで。
 7月7日の小暑のこの時季、真夏本番へ突入。気温が上昇し日差しがさらに
 強くなり、UV対応やヘアケア対策、汗ばみ対策でボデイケアグッズの需要が
 あがる。アイスクリームやみつ豆、炭酸系飲料など、クールデザート・涼味食品、
 夏の味覚のオンパレードとなります。

 第29週:7月11日(月)から7月17日(日)。
 熱中症対策、殺虫・防虫対策など夏ならではの買物行動が顕著になり、購入頻度が
 さらに高まってきます。コロナ禍ですが、家族単位、友達のミニグループ単位で、
 次週の夏の連休を利用してミニ旅行など行楽需要への販売態勢も準備しましょう。

 第30週:7月18日(月・祝日 海の日)から7月24日(日)まで。
 子どもの夏休みが始まる週で、子どもが家庭にいる時間が大幅に増える頃です。
 冷蔵庫・台所のストック食品類で飲料、即食系・菓子など重宝な必須アイテムを
 提案して、需要を促進しましょう。さらに、飲料や即席麺などのケース売り、
 まとめ買いを提案訴求しましょう。

 第31週:7月25日(月)から7月31日(日)まで。
 前の週の23日は土用の丑。この週も継続して、ウナギをメインに焼肉などの
 スタミナメニューを提案訴求しましょう。連日の猛暑で涼味食品、スパイシーな
 メニューの需要も高まる頃です。夏の夏のオールスターメニューの提案品揃え訴求と
 レシピ訴求をしましょう。

2、各部門の販促アプローチテーマ
 グロサリー
 ①サッパリ系 涼味食品フェア!
 ②夏を美味しく 塩を極めよう!
 ③夏休み 簡単便利 ストック食品!
 ④夏バテ防止 スパイシーメニュー!

 菓子
 ①サッパリ系 グミ・ラムネ菓子!
 ②夏バテ防止に 塩飴フェア!
 ③冷やして楽しもう クールチョコ!
 ④夏はスパイシーなホットスナック!

 デイリー
 ①どっち派 涼味麺? 熱々麺?!
 ②夏をおいしく アイスクリームフェア!
 ③夏休み簡単便利 冷凍食品フェア!
 ④夏でもご飯がススム 漬物フェア!

 リカー
 ①シニア料理教室の御用達 料理酒!
 ②近々冷え冷え ソーダー割フェア!
 ③健康的に楽しむ ビールフェア!
 ④夏の健康習慣 甘酒!

2022年4月15日

 新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
 新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

 1,コンテンツ
   ①学生から社会人へ
   ②小売業の使命とは
   ③小売業の歴史
   ④すべてはお客様のために
   ⑤商品について
   ⑥売場について
   ⑦販促について
   ⑧市場調査について
   ⑨経営について
   ⑩組織と将来の自分について

 2,第9回目:経営について
   第1節:経営とは
   ①経営者の理念を実現すること
   ②仕事を通して社会に貢献すること      
   ③仕事を通して成長すること
   ④継続させること(ゴーイングコンサーン)

   第2節:経営の目標とは
   ①成長性:人気度・支持度のバロメーター  
   ②生産性:システム思考のバロメーター
   ③収益性:満足度のバロメーター
   ④安全性:リスクマネジメントのバロメーター
   ⑤社会性:存在価値のバロメーター

   第3節:企業の社会的責任について
   ①公益:社会へのお役立ち   
   ②公共:社会に迷惑をかけない
   ③存在:何のために存在するのか       

   第4節:コーポレートガバナンスについて
   ①意味:企業統治は企業の組織ぐるみの不祥事が発生しないように
       社外の取締や監査役などの社外の管理者によって経営を
       監視する仕組みのこと  
   ②具体的な企業の責任(HPでは詳細省略)
       ・顧客に対して
       ・従業員に対して
       ・企業自身に対して 
       ・株主に対して
       ・社会に対して       

   第5節:部門経営者としてスキルの習得(HPでは詳細省略)
   ①売上高の成り立ち(具体例省略)
   ②粗利益の姿(具体例省略)
   ③演習問題(具体例省略)
   ④損益分岐点を習得する前に損益分岐時間を体得(具体例省略) 
   ⑤人時生産性について(具体例省略)
   ⑥坪効率について(具体例省略)
   ⑦交差比率について(具体例省略)

   第6節:経営に必要な9つのKKD(頭文字)
   ①旧KKD
    ・勘:大切だがセミプロでは不可
    ・経験:大切だが通用しないことが多い
    ・度胸:空回りしがち
   ②新KKD
    ・計画的に:PDCAでまず計画ありき
    ・科学的に:因果関係を明確に。結果と原因の追及・確認
    ・データで検証・活用:情報の収集・分析・対策立案
   ③今後、さらに強化すべきKKD
    ・こだわりの深化
    ・競争・生き残りへの対応
    ・電車型経営:トップに引っ張られるだけの機関車型は不可

   第7節:4つの「M」と経営の位置づけ(HPでは事例省略)

   第8節:小売業の7大スキルの再確認(HPでは詳細省略)
    ・束ねるスキル
    ・売るスキル
    ・リダーシップのスキル
    ・魅せるスキル
    ・基本のスキル
    ・情報活用のスキル
    ・経営のスキル  

2022年4月1日

6月の販売促進のポイント 

 1、週別のMDポイント

  第23週:5月30日(月)から6月5日(日・変則)まで
  6月4日は「歯と口の健康週間」でキシリトールのチューイングガムや
  オーラルケアグッズ、デンタルヘルス系を関連訴求しましょう。さらに
  食の伝統行事として梅干しやらっきょを漬ける時季で、男性シニア層にも
  作り方をPOP提案して、伝統の食文化を伝えて拡販しましょう。

  第24週:6月6日(月)から6月12日(日)まで
  北海道以外ではこの頃梅雨入りとなります。部屋干し対策の衣料洗剤など
  関連グッズの重要がさらに高まります。米の産地ではこの頃、田植えとなり
  農作業の合間のおやつ、間食として菓子パン、団子などの和菓子類の需要が
  上昇します。

  第25週:6月13日(月)から6月19日(日)まで
  お中元ギフトの売場づくりと先行予約がスタートする頃で早期予約割引制度の
  利用促進、販促促進を強化しましょう。夏の賞与での買い物プランをめぐらし、
  家族全体でワクワクする頃です。新規の商品提案で新規需要を確保しましょう。

  第26週:6月20日(月)から6月30日(木・変則)
  6月21日は夏至で、1年で最も日が長くなります。この頃は買物時間も長く、
  遅くまで来店客があるので、夕方以降の品切れ防止がポイントになります。
  例えば、牛乳・ヨーグルト、食パン、弁当類などの目的買い商品の発注精度を
  さらに上げましょう。

 2、各部門の販促アプローチテーマ
  グロサリー
  ①美味しく楽しく 趣味の漬物づくり!
  ②おいしさいろいろ レトルトフェア!
  ③かんたん便利 テレワークごはん!
  ④からだへのおもいやり 健康飲料フェア!

  菓子
  ①歯と口の健康 キシリトール特集!
  ②おいしさいろいろ 連菓子フェア!
  ③父の日 懐かしい駄菓子!
  ④気温上昇中 ラムネ菓子フェア!

  デイリー
  ①6月4日は何の日 蒸しパンフェア!
  ②間食に重宝 おやつパン!
  ③太らない テレワークごはん!
  ④焼肉のおともに、キムチフェア!

  リカー
  ①美容と健康に 伝統の梅酒!
  ②日本酒ファン 夏は冷酒で乾杯!
  ③父の日 ミニギフトフェア!
  ④暑いときこそ 焼酎の炭酸割!

2022年3月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第8回目:市場調査について
  第1節:市場調査(マーケテイング・リサーチ)とは
  ①目的
   ・競争を優位にして生き残るため         
  ②代表的手法
   ・出店立地調査(商圏調査)
   ・顧客調査
   ・ストアコンパリゾン   
  ③具体的な範囲
   ・環境:時流を知る、変化を知る
   ・社内:社員の生活感、販売データ、お客のつぶやき・声
   ・社外:競合店・モデル店と自店との比較(ストアコンパリゾン)

  第2節:ストアコンパリゾン
  ①生き残りための大きな武器となるツール
   ・定時定点観測
   ・記録に残し共有化・数値化(ナレッジマネジメント)
   ・相手の強みと弱み(SWOT分析)
   ・競合店以外にモデル店をベンチマーク(生きた教材=お師匠さん)   
  ②調査のポイント
   ・テーマ:目的を明確に
   ・見る・視る⇒観る(物見遊山ではなく観察・調査)
   ・分析
   ・対策立案・実行
   ・結果は検証、未達事項は現状把握・分析・対策立案・実行のサイクルを

  第3節:店舗全体の基本チェック(図表はHPでは省略)
  ①店舗外   
  ②入り口         
  ③各部門ごと         
  ④レジ回り
  ⑤競合店のオペレーション状況の観察・推察 
   ・必須オペレーション
   ・基本オペレーション
   ・差別化オペレーション

  第4節:商品調査(HPでは事例省略)
  ①比較チェックシート   
  ②商品構成グラフ     

  第5節:売場調査(HPでは事例省略)
  ①比較チェックシート 
  ②マグネット売場別強み・弱み比較
  ③棚割調査の勘所 
  ④訴求力の比較調査と分析(AIDMAの法則) 

  第6節:販促に関する調査(HPでは事例省略)
  ①比較チェックシート

  第7節:サービス機能・その他に関する調査(HPでは事例省略)
  ①比較チェックシート

  第8節:ストアコンパリゾンの6つのポイント
  ①1つ以上、ストアコンパリゾンで得たことを自店の新ノウハウ化へ
  ②2つの心構え:競合店に入店する際は食事の時の心境で、
   「いただきます」「ご馳走様でした」とビジネスヒントを習得
  ③3つの「シンカ」で商品・売場・売り方の調査アプローチ
   新しさの新化・こだわり度の深化・販促の推進化   
  ④4大ストレスの有無と推察
   品切れ・鮮度不良・不潔・無愛想
  ⑤「売る」の5段活用で競合店調査と競合店からのノウハウ習得吸収
   ・売「ろ」うという気迫と意思は?
   ・売「れ」る仕組みは?
   ・売「る」仕掛けは?
   ・売「り」込み商品は?
   ・売「ら」なくても買っていただけるヒントは?
  ⑥6つの「みる」
   ・見る(物見遊山レベルでは不可)
   ・視る(狭くても不可)
   ・観る(テーマ・目的をもって観察・調査のレベルで)
   ・覧る(造語:自店と他店、過去と現在などの比較一覧)
   ・診る(現状を診断して対策を立案する)
   ・看る(具体的に対策をうって、問題点を解決する)

2022年3月1日

5月の販売促進のポイント 

1、週別のMDポイント

 第19週:5月1日(日)から5月8日(日)(変則)
 憲法記念日、みどりの日、こどもの日と3日連続で国民の祝日や8日の
 「母の日」が続き、ウキウキ・ワクワクする週です。レストラン風メニューや
 初夏の涼味食品のそうめんをパスタ風に提案してみてはいかがでしょうか。

 第20週:5月9日(月)から5月15日(日)
 早いところでは梅雨入り宣言する地域も。カビ発生防止グッズ、蚊やハエなど
 害虫対策グッズ、食中毒が発生しないようにロードラインの遵守、日配食品、
 パン類などの鮮度日付管理に注意しましょう。

 第21週:5月16日(月)から5月22日(日)
 真夏日が増えはじめ地域によっては猛暑日も出現し始めます。脱水症状が話題と
 なる頃で、ミネラルウオーター、スポーツドリンクなどペット飲料はじめ、
 甘酒類、チルド飲料などを拡販訴求しましょう。

 第22週:5月23日(月)から5月31日(火)(変則)
 次週は夏の衣替えですっかり夏モードに切り替わり、身の回りが夏一色。食卓の
 テーブルマットなど夏モードの色や柄にかわる時季で、涼味食品や飲料類、
 焼肉メニューなど夏の打ち出しをしましょう。

2、各部門の販促アプローチテーマ
 グロサリー
 ①初夏のソーメン、パスタ風に!
 ②味香り一番、初夏の新茶祭り!
 ③おいしさいろいろ、初夏の飲料フェア!
 ④モリモリスタミナ、焼肉フェア!

 菓子
 ①子どもの日、人気菓子大集合!
 ②冷やしておいしい、クールチョコ!
 ③おいしさいろいろ、クッキーフェア!
 ④菓子にもあるぞ、焼肉の味!

 デイリー
 ①「母の日」は母へのおもてなしの日!
 ②冷やして美味しい、初夏のデザート!
 ③美味しさいろいろ 甘酒フェア!
 ④焼肉のおともに、キムチフェア!

 リカー
 ①旅先でのお土産にも産地銘柄焼酎!
 ②冷やして美味しい冷酒!
 ③おいしさいろいろ、さわやかジン!
 ④焼肉には、やっぱりビール!

2022年2月15日

新入社員セミナーシリーズ小売業編 全10回
新入社員から3年次までに習得してプロの実務者へ

1,コンテンツ
  ①学生から社会人へ
  ②小売業の使命とは
  ③小売業の歴史
  ④すべてはお客様のために
  ⑤商品について
  ⑥売場について
  ⑦販促について
  ⑧市場調査について
  ⑨経営について
  ⑩組織と将来の自分について

2,第7回目:販促について
  第1節:販売に関する計画
  ①商品計画(会社全体の商品政策とリンクした全体概要)
   ・社会環境
   ・消費者層
   ・消費行動
   ・再確認事項(食品に求められる条件と機能)
   ・販促訴求への落とし込みのアプローチの具体的な事例(省略)

  ②販売計画の店舗の基本項目(必須確認項目)
   ・曜日合わせ
   ・暦行事・社会行事・地域行事
   ・ライフスタイル
   ・記念日
   ・重点販売商品
   ・販売促進の訴求ポイント
   ・チラシ、SNSなどの訴求媒体の内容確認
   ・売上高の消化目標(達成目標)
   ・注意点の特記事項(予約販売、異常値管理、コロナ禍の管理など)

  ③販促計画の部門全体の確認項目
   ・メインテーマ、コンセプト
   ・売場づくりのストーリー
   ・具体的な事例紹介(省略)

  第2節:販促の「攻め」と「守り」
  ①まず、「守り」をかためる(図表省略)
   ・買いたい商品がない(品切れ、品枯れ、欠品、欠落の防止)
   ・買いたくない商品がある(鮮度不良、日付切れ、品質管理ミスの防止)
   ・買いたくなる環境ではない(不潔、騒音、眩しさの対策)
   ・買いたくなる応対ではない(無愛想、不親切のゼロ)

  ②次に「攻め」に転ずる(図表省略)
   ・売上確保のために取り組むべき対策
   ・利益確保のために取り組むべき対策
   ・確実に取り組むべき対策
   ・強化すべき対策
   ・さらにチャレンジすべき対策

  第3節:販促に関するキーワード(プロの販売士になるために)
  ①4p
   ・Product
   ・price
   ・place
   ・promotion

  ②インストアプロモーション
   ・アイドマの法則
   ・視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5感への訴求

  ③関連販売
   ・購入客1人当たりの買上点数の上昇変化が販売スキル向上の証     
   ・提案力の差
   ・PI値0.8~1.0の商品で実験検証

  ④試食販売
   ・ライブ感
   ・お試し感

  ⑤バンドルセール
   ・良いバンドルセール
   ・悪いバンドルセール

  ⑥メニュー提案
   ・来店客の80%以上は今晩のメニュー未定
   ・関連販売のリンク

  ⑦催事販売
   ・シーゾナル商品(定番品揃えにない商品)
   ・名物化
   ・ありがたみ

  ⑧価格訴求
   ・良い価格訴求(ありがたみがある、満足感)
   ・悪い価格訴求(無駄な買物をさせられた被害者意識発生)
   ・価格弾性値で検証

  ⑨FSP
   ・Frequent Shoppers Programの頭文字
   ・頻繁に買物に来ていただくための計画
   ・月間、年間のお買い上げ額に応じて特典の付与
   ・ストアロイヤルテイ向上、固定客づくり、ファンづくり
   ・販売促進の強化策として

  第4節:販促の5つの課題と対策(事例省略)
  ①価格中心の販促   
  ②店舗全体のテーマのない販促     
  ③モノ中心で楽しさのない販促        
  ④専門的な対応のない販促
  ⑤得意客への対応のない販促

  第5節:最大の販促ツールは商品そのもの
  ①関連情報:詳細は5回目「商品について」参照
  ②プレミアム商品:「ちょっと違う商品」
  ③名物商品:「この商品があるからこの店にわざわざ来る」

Back to top